過去よりも美容整形にポジティブな人が多い意識調査

美容整形への意識調査を行うと、美容整形に対してポジティブなイメージを抱いている人が、年々増加していることがわかります。具体的にどんなイメージを持っている人が多いのか、正しく評価されているかどうかなどを理解することが、美容整形を正しく理解するために必要です。

誤解されている部分も含めて理解しておくことが、重要となります。

美容整形とは

そもそも美容整形とはいったいどんな物でしょうか。病気ではなく、正常な範囲内にある部位に対して、精神的なコンプレックスを感じていたり、美容の面で不安を感じる人が形成外科手術をはじめとして、注射や飲み薬、レーザーなどの治療を行うこと、あるいは医療行為を行う医療機関のことを美容整形と呼びます。

範囲は顔だけではなく、全身が範囲となっており、本人がコンプレックスと思っている部分を治すことが特徴です。容姿が原因で本人らしさを失ってしまい、本来持っている明るさや人と積極的に話す姿勢が失われていく事は少なくありません。

美容整形業界では心の治療を含めて外見上の悩みを治療する為、治療を受けた人のほぼ全員が性格が明るくなったとされています。外見上のコンプレックスが精神的な病気の原因となることは、よくあることです。ひどい場合には鬱病となって、外出もままならなくなってしまう場合も少なくありません。

精神面でのカウンセリングなどによるアプローチだけではなく、病気の原因となる外見上のコンプレックスを治療することによって、精神的な病気からの開放につながると考える人も増えてきました。

美容整形を行うことによるメリット

美容整形を行うことによって、外見上のコンプレックスがなくなります。また、本人が希望している理想の自分になることが可能です。コンプレックスがなくなり、理想の自分になることによって、性格が大きく変化します。

今まで自己肯定できなかった性格が、自己肯定できるようになる人も少なくありません。結果として性格的な部分でかかえていたよどみがなくなり、本来持っていた明るさや積極性を前面に出せるようになります。仕事やプライベートで積極的に行動できるようになるため、恋人ができたり、結婚できる人も多くなるのもメリットのひとつです。

しみやそばかす、シワなどアンチエイジングなどを含めた肌トラブルを美容整形によって解決することで、化粧品やエステに通う費用が抑えられるのもメリットのひとつです。しみやそばかすは治療方法によっては痛みを感じることが少ないため、美容整形の中でも始めやすい施術のひとつといえます。

化粧品だけではしみ・そばかすやシワを改善することはかなり難しく、無駄に化粧品を使って効果を感じられない人も少なくありません。美容整形であれば着実に効果を実感できるため、レーザーや光などによる施術で起こる肌への負担も、医療機関ならではの視点でケアしてもらえます。


美容整形に関する意識はどうなっているのか

意識調査を行う会社は少なくありませんが、多くの結果で共通しているのは、意識調査を行う回数が増えるごとに美容整形に対する関心の高さや、ポジティブな印象を持つ人が増えていることです。

美容整形の世界に対してネガティブな印象を持つ人は今でも存在していますが、それでもかつてよりは減ってきました。現在では意識調査に参加したほぼ半数近くが美容整形に対してポジティブな印象を持つことがわかっています。

ただし、治療方法によっては自分では受けたくないと考える人も少なくありません。美容整形の施術の種類によって、抵抗を感じずに受けたい人と、抵抗を感じて受けたくない人に分かれることがわかっています。一般的に人気が高い施術のひとつとしては、「二重」や、「しみ・ほくろ除去」といった、比較的簡単に受けられる治療方法です。

受けたくないと考えている施術としては、「脂肪吸引」など、過去に起こった事故のために危険と感じる人が少なくない治療方法でした。安全性が高く、現在ではトラブルが起こることの少ない治療方法に関して、今後一般に正しい知識が広まることが期待されています。

美容整形をした人と付き合いたいと思うか

男性が美容整形をした人と付き合いたいかどうかというアンケートに、約半数の人が「付き合いたい」と答えています。

比較的若い世代は美容整形に対して抵抗がなく、年齢が上がるにつれて抵抗を感じる人は少なくありませんが、それでも年々美容整形に対して抵抗を感じる人が少なくなっているのは事実です。

理由のひとつとして、見た目より中身で恋人を選んでいることが多く、きれいになればそれはそれでうれしいけれど、だからといって付き合わないという選択肢はないという意見が大半でした。恋愛に対して外見だけではないことが、アンケートからわかります。

なお、美容整形できれいになったパートナーに対して付き合い続ける人が8割、別れるか冷める人が2割とアンケートで回答されました。女性が親しい同性の友人の美容整形についてどう思うのかに対しては、「特に気にしない」「いいと思う」との意見が8割以上になっています。

女性は友人の美容整形に対して、ネガティブなイメージを持つ人が少ない傾向にある、といえるでしょう。男性よりも女性のほうが美容整形に対して肯定的な意識を持っていることがわかります。

⇒美容整形の健康保険適用ケースと非適用ケース

今後の美容整形に対するイメージ

かつてよりも美容整形に対するイメージは向上していますが、まだ抵抗を感じる人も少なくありません。ただし、若年層を中心に美容整形に対するネガティブなイメージは薄れつつあるため、今後美容整形を行う人は増えると予想されています。

二重やシミ・そばかすといった手軽に通えるタイプの施術が増えていることも、魅力を感じる人が増えた要因といえるでしょう。アンチエイジング面でも注射を行うことだけで、若々しさをキープできることも少なくありません。

かつてよりもはるかに美しさを手軽に手に入れられる時代となりました。より美しさをキープするためだけではなく、ネガティブな部分を払拭してきれいになることで、人生を楽しめるようになる人が増えるでしょう。悩みを解決する手段として効率よく、また、アフターケアもしっかりしているところが多いため、安心してコンプレックス解消ができます。

より美容整形を手軽に行えるようになる機会が、近い将来訪れる可能性もあるでしょう。